相模原市には葬儀社があります。

相模原市には葬儀社があり、24時間365日受付をしています。急な依頼にも迅速に対応してくれます。こちらでは、一般の葬儀から、一日で通夜・告別式を行う一日葬、家族や親せきなどだけで行う家族葬、ご遺体を家に安置せずに直接火葬場へ運び、すぐに火葬する直葬、生活保護受給者には生活保護葬などご家族や故人の意向にそう形でプランを整えています。プランの中にはご遺体の運搬、安置、枕飾り、ドライアイス、仏衣一式、お棺、お棺布団、骨壺、骨箱などが含まれています。また、司会スタッフや運営スタッフがいるのでわからないことは相談することができますし、アドバイスをもらうこともできます。檀家がなく僧侶に困る方には僧侶も依頼することができます。運営スタッフが滞りなく式を進行してくれるので安心して葬儀を出すことができます。

火葬式だけをやっている相模原の葬儀

仏教の通夜は故人の成仏を祈る時間ではなく、別れの最後の夜ということで儀式の意味があります。故人との別れに集まった親族や友人が遺体を取り囲み、思い出話を通して語り合う夜になっていますので、たくさんの時間が必要となっていました。人は、死を受け入れることによって、日常の生活をすることができますので、残された遺族のためにも通夜は必要とされてきました。しかし、近年では相模原市では通夜や葬儀を執り行わない、シンプルな葬儀である火葬式だけで故人を見送ることが多くなってきました。本来は必要とする通夜や告別式ですが、シンプルに終わることによってより人間関係の複雑さを簡潔にしていますので、今の時代にも受け入れられています。人によっては違和感を感じる人もいますが、費用なども安いために遺族でも火葬式だけで、葬儀を行わないことがあります。

相模原市のシンプルな葬儀とは

お通夜の起源には、釈迦が亡くなった時に悲しんだ弟子たちが、遺体を見守りながら、お説法を弟子たちが夜通しで話し合ったということが期限となっています。そのためにかなりの意味深いものになっていますが、その精神というのは未だに現代でも受け継がれているのも、素晴らしいことになります。通夜は本来僧侶から故人の死をご縁にして、仏の教えを知る儀式でもあります。しかし、意味深いものではありますが、家族葬などの少ない人数でことが増えてきているので、また参加する機会も減ってきているといえます。相模原では家族葬よりもまた少ない費用で執り行うことができる葬儀として、火葬式をやっています。これは通夜や告別式などをすることなく、直接火葬することで、よりシンプルな形で故人との別れをすることになりますので、受け入れている人が増えてきています。